美味しい梅酒の作り方


%E7%BE%8E%E5%91%B3%E3%81%97%E3%81%84%E6%A2%85%E9%85%92%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9

1.準備

青梅
1kg
氷砂糖
500g~800g(甘い飲み物で割る方は500gでOK) ※砂糖の種類は成分にはほとんど影響しません。
ホワイトリカー
1.8リットル(市販の果実酒用でOK)
ビン
5リットル用、ふたが密封できるもの。
竹串
梅のヘタを取るのに使います。数本用意して手分けして取りましょう。

2.瓶の消毒


ビンを熱湯で煮沸消毒します。
ビンに熱湯を少し注いで傾け、回します。湯を捨ててからきれいな布巾などで水気をよくふき取ります。ビンの口を下にして、日の当たるところで乾燥させます。

3.青梅を水洗い




青梅を水で洗います。

ボウルに入れて水で洗います。流水で洗うのがおすすめ。洗剤やスポンジなどは使わないで手洗いをしてください。 青梅は収穫してそのままの状態でお届けするのでひとつひとつ、ていねいに洗うようにしてください。

4.アクを抜く

洗ったらたっぷりのお水(2リットル以上)に漬けてアク抜きをします。
青く硬い実は1時間から2時間程度が目安、これをおろそかにすると梅酒に渋みが出ます
まろやか梅酒用の熟れた実については、樹で熟す間に青梅の中に含まれるエグ味の成分が消えているということがわかりましたので、アク抜きはしなくても大丈夫です。

4.水気を拭き取る

アク抜きが終わったら、きれいなタオルで水気をふき取ります。
さきほどのビンのときと同じで水気はきっちり取っておくのがポイントです。

5.青梅のヘタ取り

水気をきれいにふき取ったら、竹串を使ってヘタを一つ一つ丁寧に取り除きます。
竹串を使う理由は梅は金気(金属)を嫌うといわれているからです。
別に金串を使ってもいいのかもしれませんが、ここは雰囲気を楽しむためにも竹串を使って一つ一つ丁寧に取りのぞきましょう。
きれいに取れば取るほど梅酒にエグ味がなくなりさわやかな味わいになっていきます。

6.瓶に青梅と氷砂糖を交互に入れる

青梅と氷砂糖をそれぞれ半分に分けます。
半分に分けて2回分にして、2回に分けてビンに入れていきます。
量が多い場合は分ける量をふやしてみてくださいね。

7.ホワイトリカーを入れる




さて、いよいよホワイトリカーを注ぎます。
ドバーっといれちゃっていいですよ。
一気に注ぎ込んでしまっても大丈夫!

今回使っているホワイトリカーは同じ和歌山県の中野酒造さんのホワイトリカーです。
梅酒で有名な酒造会社さんで、大阪天満宮で開催された梅酒グランプリで大賞を受賞した実績もあるんですよ。
そこのホワイトリカーだから大丈夫!
というわけで毎年使わせていただいています。

日本酒で作ると美味しい!と聞きますが、アルコール度数が低いのでかなりの確率で発酵の可能性がありますのでご注意ください。

8.蓋をして冷暗所に置く

こうして梅酒を漬け込んだら、あとはきっちりとフタをして温度差のなるべく少ない涼しい場所で保存します。

約1年後から飲み始めていただけます。
1年半ぐらいたったら、梅の実を取り出して梅酒をこしてから長期保存します。
あんまり長く梅を入れておくと、せっかくの梅酒が濁ったりします。
それに、梅酒に染み出した梅の風味が再び梅にしみ込んだりするそうなので注意して下さいね。

取り出した梅の実は、そのまま食べてもすごく美味しいですよ。ただ、アルコールが入っていますからお子様にはあんまり食べさせないほうがいいかも・・・・

梅酒の完成!

梅酒の飲み方は、最も梅酒の旨みとコクを味わうことが出来る「ストレート」、冷やしたグラスに大き目の氷を入れるだけの「ロック」、冷たい水で割る「水割り」、炭酸水(ソーダ水)で割る「ソーダ割り」、湯で温める「お湯割り」などがございます。

まずは、梅酒の出来を確かめるためにもストレートかロックで飲んでみてください。漬け込んだ梅やお酒、砂糖、漬けた期間によって、その年の梅酒の性格が分かります。 梅の実を1粒入れるのも良いですね。

アルコール度数が強すぎたり、すぐに酔ってしまう場合は水割り、ソーダ割りを試してみてください。就寝前ならお湯割りがおすすめです。

TOP