紀州南高梅干しの通販 ご贈答・ギフトに

和歌山の紀州南高梅干しの通販 ご贈答・ギフトにも|熊平の梅

BLOG


梅干しを食べて熱中症対策しませんか?

梅干しを食べて熱中症対策!

和歌山も真夏日の暑さがもやってきました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
井上梅干食品のweb担当しております井上です。

今回はなぜ梅干しは夏によく食べられるのか?梅干しは熱中症や夏バテ対策に良いのか?

お話していこうと思います!

そもそもなぜ熱中症になってしまうかというと、
暑い中で汗をたくさんかき、脱水症状になることで、
体内環境が乱れて、体温調節や自律神経にうまく機能しなくなります。

その影響で身体の熱を外に出せなくなり血流や筋肉や神経に異常が起こり、
だるさ・めまい・頭痛・発熱・吐き気など、最悪の場合は命の危険に陥ってしまう可能性があります。

私も長い間、炎天下の中で外で活動していると頭痛やだるさなどの経験があります。それも危険信号だったんですね…。
今後はそうなる前に対策をたてないとですね!

熱中症は汗をかいたとき水分、塩分、ミネラルが不足をすることで起こります。
熱中症に有効なのが、経口補水液ですが、これに含まれる食塩・クエン酸ナトリウム・塩化カリウムは実は梅干しにも含まれております。

水と一緒に梅干しを食べることで失われたやすい塩分やミネラルを効率よく摂取することが出来ます。

また、梅干しにはクエン酸が多く含まれておりますので、疲労回復にも効果が高いので、
熱中症対策だけではなく夏バテ防止にも期待できます。

なんと梅干しのクエン酸はレモンの二倍あるのだとか!
だから、日本人は昔から夏を乗り切るために梅干しを食べていたんですね。

和歌山では小さいころ、夏の運動するときにはよく水筒に麦茶を入れて梅干しを入れておりました(笑)
おかげで熱中症にならなかったかもですね。

是非梅干しを食べてこれからの暑い夏を乗り切りましょう!
TOP