紀州南高梅干しの通販 ご贈答・ギフトに

梅干しの通販 和歌山の南高梅専門店|熊平の梅

BLOG


梅干し緑茶って体にいいの?梅干し緑茶の効能や効果的な飲み方について徹底解説!

梅干し緑茶の効能や効果的な飲み方について徹底解説!
梅干し緑茶って体にいいの?

梅干し 緑茶

緑茶に梅干しを加えて飲む「梅干し緑茶」は皆さんご存じでしょうか?

梅干し緑茶には、ウイルスの不活性化を促進したり、体力の低下を防いだりと様々な効能が期待できます。

しかし梅干し緑茶といっても、なかなかピンとこない人も多いのではないでしょうか?

この記事では、梅干し緑茶が身体にもたらす効果・効能について解説し、その効果的な飲み方や、梅干し緑茶を使ったアレンジレシピなどをご紹介していきます。

梅干しが好きな方も、緑茶が好きな方も、是非試してみてほしい物となっていますので、日常生活に取り入れてみてください!

梅干し緑茶の効果・効能

梅干し 緑茶

梅干し緑茶を飲むと、以下の効果・効能が期待できます。

  • ・ウイルスの増殖を抑制
  • ・食欲の増進・体力低下の予防
  • ・熱中症予防

 

そもそも緑茶には、「EGCG」というカテキンの主成分が含まれており、EGCGを体の中に含むと、ウイルスの膜を破壊し、増殖を抑えてくれる効果があるのです。

さらに梅干しに含まれているクエン酸の酸味が、食欲を増進させ、体力が低下するのを防いでくれます。

塩分濃度が高い梅干しは食べることで、熱中症予防にもなりますので、梅干し緑茶を飲むことによって元気な体を維持することができるのです。

ですがただやみくもに飲むだけでは十分な効果・効能を発揮することができません。効果的な飲み方がありますので次項で解説していきます。

梅干し緑茶の効果的な飲み方

梅干し 緑茶

梅干し緑茶の効果的な飲み方を解説していきます。大きく分けて3つのポイントがあります。

まず1つ目のポイントは、「梅干し緑茶に使う緑茶はEGCGが多く含まれているものを使う」です。

EGCGは煎茶に多く含まれており、番茶やほうじ茶、抹茶などにはあまりECGCは含まれていません。そのため、煎茶で作るようにしましょう。

2つ目のポイントは、「80度のお湯で煎茶を作る」です。

80℃のお湯で煎茶を入れることで、EGCGがもっとも抽出しやすいといわれています。冷たい状態で飲みたい方は、80℃で緑茶を煎茶を作ってから冷蔵庫で冷やすのがおすすめです。

梅干し緑茶の効果的な飲み方、3つ目のポイントは、「梅干しを軽くつぶしながら飲む」です。

おいしく飲むためには梅干しの程よい酸味とお茶の渋みがマッチした状態を作ることが大切ですので、梅干しを軽くつぶしながら少しずつ飲むことをおすすめします。

梅干し緑茶のアレンジ方法を紹介

梅干し 緑茶

梅干しをお茶の中に入れて飲むことは実は古くから行われており、無病息災を願う縁起物ともされているのです。

ここまでは煎茶に梅干しを入れる方法のみご紹介してきましたが、ここからは梅干しとお茶を使ったアレンジレシピをご紹介していきます。

焼き梅干し緑茶

フライパンなどで梅干しを、軽く焦げ目がつく程度に焼いた梅干しを煎茶に入れる「焼き梅干し緑茶」は、風邪のひきはじめなどに飲むと効果的です。

梅干しは、加熱することにより「ムメフラール」という成分が分泌されます。このムメフラールには疲労回復効果があるといわれており、梅干し緑茶の効能をさらに高めてくれるのです。

ムメフラールだけでなく、梅干しを加熱することで脂肪を燃焼する効果がある「バニリン」という成分も分泌されますので、ダイエット効果も期待できます。

はちみつ梅麦茶

梅干しをはちみつ漬けにして麦茶の中に入れてのみ「はちみつ梅麦茶」は、熱中症対策に必要な水分やミネラルが効率よく取れるので、夏の暑い時期におすすめです。

作り方は、消毒した容器に梅干しを入れておき、梅干しがかぶるくらいにはちみつを3日間ほど漬けておきます。

食べる際ははちみつごとスプーン1杯取り出して、麦茶と混ぜて完成です。

夏にはぴったりのアレンジ梅茶となっていますので、日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)

梅醤番茶は、梅干しにしょうが汁と醤油を加え、熱い番茶を注いでできたものです。古くから伝わる健康的なお茶で、飲むと新陳代謝を高めて血液をサラサラにしてくれる効果が期待できます。

決まったレシピなどはないようですので、しょうゆを入れすぎないように小さじ1/2ほどずつ足して美味しい量を見つけましょう。

あまりしょうゆを入れすぎると梅干しもありますので塩分過多になってしまいます。適度な量で作ることをおすすめします。

まとめ

この記事では、身体に様々な良い効能をもたらしてくれる「梅干し緑茶」について解説してきました。

緑茶に含まれているEGCGという成分と、梅干しに含まれているクエン酸が身体を菌から守ってくれたり、体力の低下を防いだりしてくれます。

梅干し緑茶を作る際は、EGCGが多く含まれている煎茶を使って作ることでその効能を最大限引き出すことができるのでおすすめです。

そのほかにも梅干しとお茶を使ったレシピがありますので、この記事を参考にして、健康的な梅干し緑茶を楽しんでみてくださいね!

ぜひ梅干しでお茶を作ってみてはいかがでしょうか?

うす塩味梅

はちみつ入りで甘口の梅干しです。しょっぱめのお茶は苦手という方でしたら、こちらの梅干しでぜひ!

蔵出し20%

梅と塩しか使用してない昔ながらの梅干し。濃厚な梅干しのエキスがしっかりと出てくれます。

種抜き昆布巻梅

種抜き昆布巻梅をお湯に入れると即席梅昆布茶の完成です。風味豊かな梅昆布茶をおたのしみください。

TOP