紀州南高梅干しの通販 ご贈答・ギフトに

梅干しの通販 和歌山の南高梅専門店|熊平の梅

BLOG


ダイエット効果抜群?梅干しを加熱することによるうれしい効果を解説

梅干しを加熱することによるうれしい効果を解説
ダイエット効果抜群?!

梅干し 加熱

梅干しを加熱すると梅干しをそのまま食べるよりもダイエットや栄養の面で効果が増すとされています。

梅干しを加熱することにより「バニリン」と呼ばれる脂肪燃焼成分がアップするなど特にダイエットに効果的です。ダイエット以外にも血液をサラサラにし血流を良くするため脳梗塞や心筋梗塞予防にも繋がります。

今回は、フライパンや電子レンジを利用した簡単な加熱梅干しを作り方や梅干し加熱するこんとのメリットを紹介します。

梅干しを加熱するとどんな効果・栄養がある?

梅干しのクエン酸含有量

梅干しを加熱すると脳梗塞や心筋梗塞の予防、またダイエット効果を期待できます。

梅干しを加熱すると脂肪燃焼を促進してくれる「バニリン」という成分と血液をサラサラにし血流を良くする「ムメフラール」という物質が生成されます。

バニリンが小腸で脂肪細胞を刺激することにより、脂肪細胞が燃焼され小さくなります。

それにより体内の余分な脂肪が燃焼されダイエット効果が期待できるのです。

さらに、梅干しの酸っぱさの素であるクエン酸と梅に含まれる糖が結合し「ムメフラール」という物質が生成されます。

ムメフラールは血流を良くし代謝をアップさせるので、更なるダイエット効果と血液の流れか悪くなることで引き起こされると言われている脳梗塞や心筋梗塞の予防にも期待できます。

梅干しの加熱レシピ

梅干し 緑茶

ここでは、ベーシックな焼き梅干しをはじめ、電子レンジを使用した手軽かつ効率的な加熱梅干しの作り方や加熱梅干しのレシピを紹介します。いつもの梅干しにひと手間をかけるだけなので無理なく続けられるのではないでしょうか。

焼き梅干し

焼き梅干しの作り方は、フライパンに梅干しを並べ焦げ付かないよう気を付けながらコロコロと転がしながら全面をまんべんなく焼くだけ。

フライパンはテフロン加工の鍋を使うようにし油は使用せず梅干しの中までしっかりと温まりように火を通します。

電子レンジ

電子レンジを使用した加熱梅干しの作り方は、耐熱容器に梅干しが重ならないに並べ軽くラップをかけて500ワットから600ワットでおよそ1分間加熱します。

梅干しの中までしっかりと温まり火が通るようにします。

電子レンジの種類により加熱の具合が違うので、半分の30秒程で一旦加熱を止め様子を確認すると失敗がなく安心です。

梅干し緑茶

梅干し緑茶は、加熱した梅干し1粒を緑茶に入れるだけの簡単な作り方です。

緑茶は温かくでも冷たくても良いです。

緑茶を飲む際には、梅干しを潰しながら梅干しの果肉ごと無駄なく頂きましょう。

梅干し緑茶の効果は、風邪予防をはじめ疲労回復や食中毒予防、二日酔いや車酔いなど多岐に渡ります。

緑茶も梅干にもの抗菌・殺菌作用があるのでダブルで作用し効果を発揮します。

梅干しの加熱はこんな方におすすめ!

風邪 梅干し

梅干しの加熱は、ダイエット効果を高めたい方、脳梗塞や心筋梗塞の予防したい方におすすめです。

梅干しを加熱することにより「バニリン」と呼ばれる脂肪燃焼を促進する物質が生成されるため、ダイエットにも効果的です

基本的に食べ方は自由ですが、毎食の食事の前に1粒ずつ食べることによりダイエットに効果があるとされています。

さらに、梅干しを加熱することにより梅干しのクエン酸との働きで「ムメフラール」と呼ばれる物質が生成され血液の流れを良くします。

血流の流れが悪いことで引き起こされる脳梗塞や心筋梗塞を予防することが期待できます。

まとめ

今回は、梅干しを加熱することにより得られる栄養と効果を紹介しました。

梅干しは疲労回復や食中毒予防などそのままでも十分に利用価値のある食材ですが、いつもの梅干しを加熱することによりダイエットに効果に有効な「バニリン」や脳梗塞や心筋梗塞予防に有効な「ムメフラール」が生成されます。

作り方も電子レンジで簡単に作れ、味も加熱する前よりも酸っぱさがやわらぎ食べやすくなるので、ぜひひと手間をかけてより効果的に梅干しを頂いてみてはいかがでしょうか。

梅干しでダイエット!

蔵出し10%

しょっぱい梅干が好きな方でも塩分を控えたい方はこちらがおすすめ!糖分もかなり控えめですのでダイエットにもってこいの梅干しです。

蔵出し20%

梅と塩しか使用してない昔ながらの梅干し。ダイエットだけでなく、無添加を好まれる方におすすめの梅干しです。

りんご酢の梅

超低塩の塩分3%の梅干しです。塩分でむくんでしまうと心配される方もこの梅干しなら安心して食べていただけます。

TOP