紀州南高梅干しの通販 ご贈答・ギフトに

梅干しの通販 和歌山の南高梅専門店|熊平の梅

BLOG


これってカビ?梅干しにカビが生えてしまう原因とその見分け方

これってカビ?
梅干しにカビが生えてしまう原因とその見分け方

梅干し カビ_
梅干しの保存状態が悪いとカビが生えるということは皆さんご存知でしょうか
特に手作りで梅干しを作るとカビが生えてしまう事が多く、梅干しにカビが生えてしまうと、食べられる状態ではなく破棄する必要がります。
しかし梅干しについている塩と見分けづらい、食べてもいいのかわからないと悩んでいる方も多いはず。
そこでこの記事では梅干しにカビが生えてしまう原因やその種類、塩との見分け方を徹底的に解説していきます!
「梅干しにカビが生えると不吉だ」と昔から言われている謎についても追求していきますので、梅干しのカビについて悩んでいる方や疑問を持っている方は是非参考にしてください!

梅干しにカビが生える原因

梅干し クエン酸_

梅干しにカビが生えてしまう原因として、主に以下のことが考えられます。

・梅干しを作る際に水分をきちんと切れていなかった。
・梅を保存する容器が清潔ではなかった。
・塩分が足りなかった。

梅の中の水分が多いと雑菌が繁殖しやすくなり、カビが生えてしまいます。手作りで梅干しを作る場合は、梅を洗った際にしっかり水気を切る必要があります。
また、梅干しを完成させた後て容器に入れて保存する際に、容器自体が湿気っぽかったり、しっかり除菌がされていないと、カビが生えてしまう原因となってしまうのです。

梅干しに生えるカビの種類

夏バテ 梅干し_
梅干しに生えるカビには、「白カビ」「青カビ」「赤カビ」の3種類あり、それぞれ発生する原因や体に与える影響が異なります。 それぞれのカビがどのように発生して、どのように体に影響を与えるのかを見ていきましょう。

白カビ(白色)

梅干しだけでなく食品によく発生する白カビは、白い綿のようなものが表面を覆っているのが特徴的です。 食べても人体には影響がないものが多いのですが、中には人体に悪影響を与えてしまうものもありますので注意してください。

青カビ(黒色)

梅干しに黒い斑点のようなものができたら、それは青カビが発生しているということです。 青カビはチーズの発酵などに用いられることが多く、身体には害がない場合が多いのですが、中には食べると腹痛や下痢などを起こしてしまう毒性の強いものもあります。

赤カビ(ピンク)

塩分濃度が減った梅干しを常温で放置しすぎたりすると、ご飯などに生える赤カビが梅干しについてしまいます。 赤カビには毒性を持っている場合があり、赤カビのついた梅干しを食べてしまうと嘔吐や下痢などの症状が表れてしまいますので注意しましょう。

梅干しの塩とカビの見分け方

風邪 梅干し_
梅干しに白い斑点のようなものがついていると、塩かカビかわからない場合、塩との見分け方があります。
白い斑点がツブツブしていると、それは塩と判断してください。対して結晶のようなツブツブではなく、触った感触がフワフワしている場合はカビが生えているといえるでしょう。
塩とカビは見分けはつきますが同じ色なので、見た目だけではわかりにくい場合は、一度お湯につけてみてください。
塩ならお湯に溶けますが、カビの場合は溶けないので一目瞭然です。

梅干しにカビが生えてしまった時の対処法

梅 カビ_

梅干しを作っている中でカビが生えてしまった場合は、以下の対処法をすると、カビがなくなりキレイな梅干しとなります。

  1. 1.カビを取り出す。
  2. 2.カビが生えて傷んだ梅は破棄する。
  3. 3.梅を漬けていた梅酢を取り出し煮沸消毒する。
  4. 4.カビがかなり生えている場合は梅も煮沸消毒する。
  5. 5.すでに傷んでいる梅は焼酎やアルコールなどで洗う。


上記の方法なら、梅をカビから救い出し元通りになる可能性があります。

しかし、これは白いカビが生えている場合のみで、青カビや赤カビは人体に悪影響を及ぼす可能性がありますので見つけたら破棄するようにしてください。

梅干しのカビ対策

梅 カビ_
自家製の梅干しを作るうえでカビを防止するポイントは、「清潔にする」こと。作業をする手や道具は清潔に洗って消毒していることが前提。
梅を洗ったら、しっかり水分をざるに上げて切ってください。特にくぼみ部分は水切りをしても水分が残っている場合が多いですので、ペーパータオルなどを使ってしっかり水気をとるようにしてください。
保存する容器はきちんと消毒をした清潔なものを使用し、高温多湿を避けた冷暗所での保管をおすすめします。

【番外編】梅干しにカビが生えるのは不吉?昔からの迷信の理由

「梅干しにカビが生えると縁起が悪い」と昔から言い伝えられていますが、これは不吉な迷信です。
カビが生える環境というのは人体に健康的な悪影響を与えてしまう環境ですので、人間にとっては病気などをしやすく、縁起が悪いといわれているそうです。
その他にも、梅干しにカビが生えるということは、梅干しの管理がおろそかになっているため、他の家事なども同じようにおろそかになっているから気を付けるように、という意味合いでもあるようです。

まとめ

梅干しの保存状態が悪いと、3種類のカビが生えてしまう可能性があります。
中には人に無害なカビもありますが、中には食べると腹痛や下痢になってしまうカビもありますので、カビが生えないように正しく梅干しを保存しておくことが重要です。
カビが生えないようにするためには、梅の水気をしっかり切ることと、容器や道具を清潔にしておく必要がありますので、自家製の梅干しを作る際は頭に入れておきましょう。
梅干しの作り方など様々紹介しております!

簡単!梅干しの作り方

和歌山での家庭の梅干し作りをご紹介いたします。
手間はかかりますが自分で作った梅干しは美味しい!

簡単!梅酒の作り方

和歌山ならではの本格梅酒を作りませんか?
美味しい梅酒になる秘訣を
教えます。

簡単!梅料理の紹介

すぐにできる梅料理をご紹介。
和食に定番な梅干しですが、実は洋食にも合います。
色々な梅料理をご紹介。

LINE@追加でお得にお買い物!

LINE@では熊平の梅の情報を更新中!
お得な情報を逃さないためにいますぐ友達追加を!!

友だち追加
TOP