紀州南高梅干しの通販 ご贈答・ギフトに

和歌山の紀州南高梅干しの通販 ご贈答・ギフトにも|熊平の梅

梅の開花時期、収穫時期はいつ?


MAME-CHISHIKI

梅の開花時期

南高梅の花の開花日は天候によって大きく左右されますが、2月の上旬ごろといわれております。

みなべ梅林では、おおむね平均気温が7℃〜8℃になる1月末から2月上旬に咲き始め、2月中旬ごろには満開を迎え、下旬まで花を咲かせます。

開花日数は南高梅の場合、約25日間で甘酸っぱい梅の花の香りが楽しめます。

また梅の種類によっても開花日が異なることもございます。

 

梅の花の見頃はいつがベスト?

 

梅の花の見頃は開花具合にもよりますが、大体2月中旬でしょう!

紀州南高梅の産地の和歌山県みなべ町では、2月の中旬の梅花の一番見頃の時期に「梅祭り」が所々で開催されています。

最近の梅まつりでは梅の種飛ばし大会や屋台を出して色々な音楽イベントや梅料理コンテストなどみなべ町で盛り上がっております。

熊平の梅まつりについて

 熊平の梅みなべ売店でも毎年梅まつりを開催しております。(※梅まつりの日は開花日などによって毎年変わります。)

お子様から大人まで楽しんでもらえるような梅の種飛ばしや輪投げやヨーヨー釣りなどのゲーム、屋台では梅うどんやフランクフルトやわたあめなど色々ご用意しております。千里店内ではお茶会や抽選会など、最後には大人気梅餅まきイベントも開催しております。

南高梅の実ができるまで・・

梅を実らせるためには、梅の花に受粉させなければなりません。
そのために梅畑のあちこちに蜂箱を置き、ミツバチで受粉さ
せる必要があります。

ミツバチが蜜を求めて飛び回りながら受粉を行いますが、蜂が飛んでくれる条件は難しく天候・気温・風などに左右されることから自然環境によって受粉の割合を決定することにもなります。

梅の花が散った後には、ミツバチの働きによって受粉した小さな梅の実が出来て、3月から5月にかけだんだんと温かくなる日差しを浴びながら、梅の実も大きく成長していきます。

収穫の時期は?(青梅編)

青梅収穫の時期は6月上旬から中旬にかけて行います。

南高梅独特の紅がさすようになったころが収穫のころ合いです。
この時期に収穫される梅は青梅のまま消費地へ送られ梅酒や梅ジュースなどに利用されるものです。

青梅は枝になっている状態を一粒づつ手作業で収穫します。

収穫した青梅は傷んでいるものを除いて大きさ別に選別します。
大きさ別に分ける作業は、選果機を使って分けていきます。

梅干しの大きさは、4L サイズからSサイズまでになっております。4L (大玉)、3L・2L(中玉)、L・M・Sは(小玉)になっております。

たまに特大5L サイズまでございます。
特大サイズの梅は500円玉が小さく見えるほど大きいです!

収穫の時期は?(完熟梅編)

次に梅干しに使われる梅は、梅雨の雨雲で覆われる頃、6月中旬頃から7月上旬ごろまで、梅干し用の落ち梅を収穫します。

落ち梅とは完熟した梅が自然に落下した梅のことで、黄色く完熟しており、皮が薄くて果肉がとても柔らかいのが特徴です。
なんと完熟した梅は食べることも出来ます。すもものような甘酸っぱい味がしますよ。

落ち梅は傷がつかないように梅の木の周りにネットを貼ります。
ですのできれいな状態で収穫出来ます。収穫は画像のように網で拾います。

さらに、完熟した梅は賞味期限が1日ですので、収穫した梅はすぐに選果(梅の大きさ別に選別)を行い、その日のうちに塩漬けにします。

梅がすべて落ちてしまうまで毎日収穫➡選果➡塩漬を行いますので中々大変な仕事です。

簡単!梅干しの作り方

和歌山での家庭の梅干し作りをご紹介いたします。
手間はかかりますが自分で作った梅干しは美味しい!

簡単!梅酒の作り方

和歌山ならではの本格梅酒を作りませんか?
美味しい梅酒になる秘訣を
教えます。

簡単!梅料理の紹介

すぐにできる梅料理をご紹介。
和食に定番な梅干しですが、実は洋食にも合います。
色々な梅料理をご紹介。

TOP