紀州南高梅干しの通販 ご贈答・ギフトに

和歌山の紀州南高梅干しの通販 ご贈答・ギフトにも|熊平の梅

なぜ梅干しは身体に良いのか


UME-EFFICACY

「梅はその日の難のがれ」ということわざはご存じでしょうか?
梅干しは、昔から殺菌などの作用があると言われてきましたが、近年さまざまな研究によって健康によい成分をふくんでいることがわかってきました。なぜ、梅干しが体に良いのか。その理由をご説明したいと思います。

血液サラサラ効果

梅干しに含まれるクエン酸が、酸性に傾いたドロドロの血液を弱酸アルカリ性に中和してくれることで、血液がサラサラになります。

脂肪がつきにくくなる

梅に含まれる「バニリン」が脂肪細胞の肥大や増加を防ぎます。梅干しを温めるとバニリンの効果も上がると言われており、電子レンジで1分間温めると大体20%ほどのバニリンの効用を上げられると言われております。

食欲増進

梅干しの酸味は、口に入れたときに唾液の分泌を促し食欲を増進してくれます。

不妊予防

梅に含まれる「3,4-DHBA」という抗酸化成分が、卵子の老化や変性の原因の酸化ストレスから保護、女性ホルモンの分泌を促してくれます。

インフルエンザ予防

梅エキスに含まれる「ムメフラール」は、インフルエンザウイルスなどを増やさないはたらきがあります。感染を予防したり、他の人への感染を防ぐ効果が見込まれます。

糖尿病の予防

梅に含まれる「オレアノール酸」が、糖質の消化吸収をおだやかにし、食後に血糖値が急に上がるのを防いでくれます。

食中毒予防

梅干しに含まれるクエン酸は、食中毒の原因となる菌が増えるのを抑えてくれます。昔からよく梅干しをお弁当に入れるのは、食中毒予防のためでもあります。

高血圧などの予防

梅干しに含まれる「カリウム」は、血圧の上昇を抑え、動脈硬化や高血圧を予防するはたらきがあります。

骨粗しょう症の予防

梅干しに含まれるクエン酸には、骨を作るカルシウムの吸収を助けるはたらきがあるため、骨粗しょう症の予防に効果があると言われております。

胃がん予防

梅に含まれる「梅リグナン」は、胃がんの原因となるヘリコバクター・ピロリ菌の運動を抑えます。

整腸作用

梅エキスには強力な殺菌作用があるといわれており、昔からコレラなどの伝染病予防に役立ってきました。 腹痛や下痢には、少量をなめるだけで効果があるといわれており、 腸の働きを整えるので便秘にも有効です。

TOP