美味しい梅酒の作り方


UMESYUMAKE

熊平の梅農園で収穫した青梅を使って、今回は家庭で手軽に作れる梅酒に挑戦してみました!

是非皆様も作ってみてください!

※梅酒作りは以下の点を守らないと違法になってしまいますのでご注意ください。
・ベースの酒類はアルコール度数が20度以上あり、且酒税が課税済みの物を使用すること。
・販売してはいけない。
・ぶどう、米、麦などは混ぜてはいけない

1.準備

青梅:1kg

氷砂糖:500g〜800g
(甘い飲み物で割る方は500gで大丈夫です。)
※砂糖の種類は成分にほとんど影響しません。

ホワイトリカー:1.8L

ビン:5リットル用、蓋が密封できるもの

竹串:数本(梅のヘタを取る際に使用)

2.瓶の消毒

ビンを熱湯で煮沸消毒します。

ビンに熱湯を少し注いで傾け、回します。

湯を捨ててからきれいな布巾などで水気をよくふき取ります。

ビンの口を下にして、日の当たるところで乾燥させます。

3.青梅を水洗い

青梅をボウルに入れて水で洗います。

流水で洗うのがおすすめです。

洗剤やスポンジなどは使わないで手洗いをしてください。

市販で売っているものでも、意外と汚れがついている青梅が多いです。

しっかりと洗って汚れを落とすことで不純物のない美味しい梅酒を作ることができます。

4.アクを抜く

洗ったあとは、青梅が浮いてくるくらい(2L以上)の水に漬け、アク抜きをします。

梅は、青いものほどアクが多く含まれており、黄色く熟していくうちにアクがぬけていきます。

青くてかたい梅なら2~4時間、少し黄みがかってきた梅であれば10~30分、熟して全体が黄みがかっている梅であればアク抜きの必要はありません。


【ポイント】

アク抜きのし過ぎには気を付けてください。水に漬けすぎると茶色に変色したり白くふやけてしまったりします。作る梅酒の腐敗原因にもなりかねないので、アク抜きの際は注意して梅の様子を伺ってください。

5.青梅のヘタ取り

アク抜きが終わったら、竹串を使ってヘタを一つ一つ丁寧に取り除きます。

梅の実を傷つけないように注意してください。

梅のヘタが残ってしまうと梅酒になった際のエグ味の原因になります。

きれいに取れば取るほど梅酒にエグ味がなくなり、すっきりとした味わいになるのでがんばりましょう!

6.水気を拭き取る

ヘタ取りが終わったら、きれいなタオルで水気をふき取ります。

ビンと同じくしっかりと拭き取ってください。

水気が残ると梅酒が腐敗してしまう原因となります。

7.ビンに氷砂糖と青梅をいれる

先に青梅をいれてから、氷砂糖と青梅を交互に入れていきます。

梅にできるだけ氷砂糖を触れさせる事で、浸透圧で梅の果汁を出やすくすることができます。

ただそこまで神経質に交互にする必要もないので、交互に二回ずつ入れるといった具合で大丈夫です。

8.ホワイトリカーを入れる

梅と氷砂糖を入れ終えたら、その上からホワイトリカーを少しずつ流し入れます。

※ホワイトリカー以外でも作れます。

ブランデー、ウイスキー、ウォッカ、ジンなど度数の高い(約40度以上の)お酒であれば大丈夫ですが、日本酒などの度数の低いお酒だと発酵してしまう可能性があるので要注意です。

9.蓋をして冷暗所に置く

お酒を注ぎこんだ後は、蓋をきっちりと閉めて温度があまり変わらない所、また日光の当たらない場所で保存します。

砂糖が溶けるまでは、週に何度かビンの中身を混ぜて(蓋は空けない)糖分が均一になるようにしてください。

漬けてから3ヵ月程度でさっぱりとした梅酒を楽しめますが、6~12か月程度漬けると風味豊かで美味しい梅酒が楽しめます。

熟成させたいという方は、1~1年半ほど経過したときに梅の実を取り出していただくと美味しさが長続きすると思います。

梅酒の完成!

できた梅酒は「ストレート」「ロック」でまず味わってみてください。

その梅酒の風味や旨味、コクを確かめることができます。

後は、水で割ったり、炭酸で割ったり、お湯で割ったりなどいろんな飲み方を楽しんでください。

ホワイトリカーだけでなく、他のお酒でも何種類か作ってみて飲み比べてみるのもおもしろいですよ!

TOP